BBコラム

BEAUTY BANK COLUMN

VIOケアは海外では常識?!
日本人のVIOケアは世界と比べると遅れている?

みなさんはVIOムダ毛ケアをどのくらいおこなっていますか?海外では多くの国でVIOのムダ毛をケアしている方のほうが多い傾向にあります。それに比べて日本では、ムダ毛ケアをする意識は高まってきているものの、まだVIOのムダ毛ケアはしていないという方が多いようです。

どういった意識の違いからこのようなことが起こっているのでしょう。このコラムでは、海外と日本のVIOケアの違いについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

日本人はVIOのムダ毛ケアについてまだ恥ずかしさがある。

日本人は「VIOのムダ毛ケアをしています。」ってまだまだ言いづらい雰囲気があります。デリケートゾーンの話をすることがタブーな風潮が残っていたり、VIOゾーンのムダ毛を整えることについて恥ずかしいという方が多かったりするからでしょう。

このような考えを日本人は持っている人が多いのです。だから、日本はサロン店舗が増えた今もデリケートゾーンのムダ毛ケアをすることに躊躇する方が多いのかもしれません。

海外でVIOのムダ毛ケアは常識ととらえられていることが多い。

海外ではVIOのムダ毛ケアをすることは、身だしなみの一環ととらえられています。そのため、多くの女性はもちろん、男性までもがケアしていることが多いのです。

一般的に、海外の方から「日本人はきれい好き」という印象を持たれています。なのに、VIOのケアを日本人があまりしていないと外国の方が知ると驚きを隠せないようです。

また、海外では10代からムダ毛ケアをする子も多く、日本人よりも早くVIOのムダ毛ケアを始めています。これは、周りのみんなが身だしなみとして、VIOのムダ毛ケアを自然におこなっているという環境がそうさせているのかもしれません。

ここまでみてみると、あなたもVIOのムダ毛ケアをしたいかも♡と思えてきたかもしれません。そこで、VIOのムダ毛ケアを自分でカミソリを使って剃ったり抜いたりするという方法でおこなおうと考えた方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、カミソリを使って自己処理をすることは、肌を傷つけるおそれがあるためおすすめできません。

そのため、医療脱毛やサロン脱毛に通う、もしくは家庭用光美容器を使用するという方法をおすすめします。とはいえ、医療脱毛やサロン脱毛は少しハードルが高いと感じる場合もありますよね。その理由として次のような理由があるのではないでしょうか?

1.金銭的に継続できるか不安。
2.病院やサロンまで出向かなくてはいけないこと。
3.他人に見られるのが恥ずかしい。
4.希望の日や時間に予約がとれないこと。
5.忙しくて通うのがキツイ。

上記の理由で医療脱毛やサロン脱毛に通うのを躊躇してしまう方におすすめしたいのが、家庭用光美容器です。家庭用光美容器では、自宅にて自分で納得のいくまで好きな時間にムダ毛ケアをおこなうことが可能です。

家庭用光美容器はVIO以外にも使用可能なものが多いので、お値打ちにムダ毛ケアができます。家庭でおこなう際に忘れてはいけないのが、光美容器を使う前と使った後にはきちんと保湿するということです。

乾燥しているお肌に光を当てることは肌を傷めてしまうことになります。また光を当てた肌は非常に乾燥した状態になりますので保湿が必要です。忘れずに保湿クリームやジェルできちんと肌を潤わせましょう。

当ショップでは家庭用光美容器やボディジェルを取り扱っております。ぜひ、併用してお使いください。

どんな毛にも対応できる当ショップ自信の家庭用光美容器

やさしくしっかりと光を届けられる本当のムダ毛ケアができる品質を搭載

  • 光の強さは5段階
  • 痛くないアイスクール機能付き
  • VIOゾーンを含めた全身のムダ毛ケア77回分
  • 男性女性どちらでも使用可能なうえ、子供も使用可能(対象年齢10以上)

ボディジェル 「HADASUBE」

水分と栄養を与え肌の健康を整える成分

水溶性プロテオグリカン、プラセンターエキス。カミツレ花エキスなど。

鎮静成分配合

セイヨウ・キズタエキス、ニンニク根エキス、アルニカ花エキス

毛穴を引き締めるエキス配合

セイヨウアカマツ球果エキス、オドリコソウ花・葉・茎エキス、セイヨウキズタ葉

抑毛効果のある成分

ダイズ油

ぜひ、当ショップおススメの家庭用光美容器とボディジェルを検討してみてください。

TOP