BBコラム

BEAUTY BANK COLUMN

冬場は肌の乾燥にご注意!
冬のスキンケアの方法とポイントは?

冬場は乾燥しやすい季節です。肌がカサカサしたり、粉がふいたり、乾燥によってかゆみがでたり・・・
肌のケアをしていても乾燥に悩む方は多いのではないでしょうか?
乾燥肌が長期化したり悪化したりすると、ちょっとした刺激でも肌トラブルの起きやすい敏感肌になってしまいます。
そこで今回は冬の乾燥トラブルを防ぐスキンケアのポイントをご紹介します。

冬場の肌の状態はどうなっている?

汗や皮脂などの分泌機能の低下

通常、肌の表面は皮脂腺から分泌されている皮脂と、汗腺から分泌する汗によって交じり合った皮脂膜で覆われています。この皮脂膜は肌バリアの一番表面を守る、肌にとってとても大切なものです。
冬は夏に比べて皮脂の分泌量も汗をかく量も低下してしまうため、皮脂膜が上手く形成されなくなります。内部の水分を保つ役割や、外部からの刺激を守るという本来の役割ができなくなるため、肌荒れや乾燥といった肌トラブルを起こしやすい状態になっています。

肌の表面温度が下がることによる血行不良

冬は寒さから肌の表面温度が下がり、血行不良や、新陳代謝が乱れやすい環境です。
血行不良の肌は充分に栄養を届けることができないので肌荒れの原因につながります。また、栄養が届かないと、新陳代謝が乱れ、肌の乾燥や、角質がはがれにくくなるため角質が厚くなり、透明感のないごわごわとした肌触りの肌になりやすい状態になります。

生活リズムの乱れによるホルモンバランスの乱れ

12月から1月の年末年始にかけては、特に公私ともに忙しくなる時期でもあります。忙しさによるストレスや寝不足はもちろん、飲み会やパーティーへの参加、暴飲暴食も身体にとってはストレスです。こうした生活リズムの乱れもまた、冬の肌荒れを引き起こす原因となります

スキンケアで忘れてはならないポイント

冬の肌に起こっているのは深刻な潤い不足と栄養不足。そのため、スキンケアも肌に潤いと栄養を与えて肌細胞を活性化させるケアが重要となります。
肌の深刻な乾燥は、そのままシミやしわ、たるみや肌荒れの原因となるので抜かりなく手入れすることが大切です。

冬のトラブル肌

ポイント1 軽いマッサージを行って血行を促進させましょう。

血行が悪いと毛細血管から肌細胞へ届ける栄養が滞り、新陳代謝が乱れる原因となります。肌の手入れを行う際は、まずは適度なマッサージで毛細血管の流れを良くすると、肌の代謝機能が高まります。

ポイント2 クレンジングや洗顔料にもこだわりましょう。

冬場の肌は乾燥と皮脂などの分泌量の低下によって、非常にデリケートな状態に傾いています。なるべく刺激を与えないためにも、植物由来のマイルドなクレンジングや洗顔料に変えるのが無難です。
また、血行促進効果のあるホットクレンジングなどもおすすめです。

ポイント3 たっぷりと保湿できるコスメアイテムを使用しましょう

冬の肌は乾燥してごわごわした状態になっており、水分や美容成分が肌に浸透していかない場合もあります。こんなときは浸透力の高いバイオセルロースマスクや、血行促進効果の高い炭酸パックなどがおすすめです!肌の保湿力が高まり、乾燥を防ぎます。

スキンケアをする際の注意点

冬場のスキンケアは、乾燥を防いでしっかり保湿することがポイントです。ただ、保湿が必要だからと、過剰保湿することも肌にとって悪影響です。余分な油分は肌の常在菌のエサとなり、異常繁殖してニキビや赤みの原因となります。適量を守りつつ、肌の状態に合わせて使うようにしましょう。

冬だからこそのスキンケアを!

冬は肌にとって厳しい環境であるため、一気に肌年齢が上がる可能性があります。乾燥や肌荒れを感じたら放置せずに、原因を見極めて、冬ならではのスキンケアを心がけてください。

  • 4B for beauty
  • Luxe Muse

TOP